ABOUT USroaring 4sについて

忘れたモノを、トリに行く。

「鳥」のように大空を飛んでどこへでも。

時代が落とした忘れ物を
ひとつずつ拾っていくように…。

時代の忘れ物を「取り」に行く。

真実を追って「撮り」に行く。声なき声を「録り」に行く。

「過去ヲ先取ル」

そうして次代を「獲り」に行く。

時に時代に逆行し、けれども最後尾から“今”に斬り込む。
私たちはそんな「大トリ」から攻め入る集団です。

MESSAGEroaring 4sからのメッセージ

roaring 4sからのメッセージ
時代を超えて伝え継いでいかなければならない

「文化芸術」「歴史」「知的教養」・・・。

テレビ・新聞各社の思想や、スポンサーへの配慮、不寛容な世論等に
一切縛られない「真実の報道」「ジャーナリズム精神」。

独自メディアでしか表現できない報道・教養を

取材、リポート、インタビュー通して

広く世の中に発信。

担い手となるジャーナリスト、キャスター、

制作スタッフのチームで挑みます。

演出・脚本・プロデュース
許斐 康公

WORKS主な制作実績

配信番組 「ヴィンテージ NEWS」

  • CX「めちゃ×2イケてるッ!」(2010~2015)
  • NHKドラマ「満島ひかり×江戸川乱歩」(2015~)
  • NHKドラマ「池松壮亮×横溝正史」(2016~)
  • AXN「CHICAGO:狂乱の1920年代」(2016)
  • テレ朝「世界の車窓から」(2017)
  • テレ東「TRIPPERS~旅を作る人~」(2019)
  • NHK「体感トラベル~瀬戸内国際芸術祭~」(2019)
  • NHK「生中継!令和を彩る京都の桜」(2020)
  • NHKBSP「英雄たちの選択」(2020~)
  • BSTBS「自給自足ってどうですか?」(2020)

■舞台

  • 「狂乱のSingたち」(脚本・演出)
    主演:三中元克、兼近大樹(EXIT)

WANTED募集求人

roaring 4sの募集求人
私たちがトルのは「歴史」「紀行」「美術」「映画」「本」「政治」「ビジネス」「世論」…

現代人が忘れ去ろうとしている、先人たちが積み上げてきた智慧。

それは同時に、“気品のある上質な教養”。

roaring 4sでは、それを映像記録として残し、世の中に発信していく仲間を募集します。

【仕事内容】

報道・教養配信番組『ヴィンテージNEWS』(仮)を軸とした
キャスター・ジャーナリストの仕事です。

【主な仕事内容】

政治家、企業経営者を招き、政策や信念などに迫る対談企画
映画監督や作家を招き、話題の映画や本の寸評会企画
街に残る歴史(石碑や町名由来、廃墟系)探訪や伝統文化に触れる街ブラ企画
(ゆくゆくは日本各地、海外も視野に入れたいです)

世の中の疑問を率直にぶつける街頭インタビュー
中小・零細企業や小さな飲食店を応援する企画

【事業展開】

ネット配信番組をベースとして

●テレビ番組、イベントへの出演
●ドキュメンタリー映画
●有料オンラインサロン開催
●グッズ制作

へと展開していきます

ENTRY応募フォーム

    お名前
    フリガナ セイメイ
    年齢
    お住まいの都道府県
    身長 cm
    携帯電話番号 ※半角英数字
    メールアドレス ※半角数字
    ※半角数字※携帯電話の迷惑メール対策をされている方は、必ずドメイン(almaize.co.jp)を解除してからお申し込みください。
    自身のブログ
    Twitter
    Instagram
    保護者の同意
    志望動機・自己PR・特技・得意ジャンル
    写真添付
    個人情報保護方針
    法令等の遵守に関して
    弊社は、個人情報に関する法令及び規範を遵守いたします。
    個人情報の取得に関して
    弊社は、個人情報を取得させていただく場合は適正な手段で取得する事はもちろん利用目的を明確にしたうえで同意を取る、また必要事項を弊社ホームページに告知いたします。
    個人情報の利用に関して
    弊社は、利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報を第三者に預託する場合、当該第三者について調査し必要な契約を締結し、その他法令上必要な措置を講じます。
    正確性の確保に関して
    弊社は、個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めます。
    適切な管理に関して
    弊社は、個人情報の漏洩、滅失、又は毀損の防止その他個人データの安全管理のため、不正アクセス対策、コンピュータウイルス対策など適切な情報セキュリティ対策を講じます。
    情報主体の権利の尊重に関して
    弊社は、個人情報に関するお客様の権利を尊重し、個人情報の取扱いに際して、開示、訂正、使用停止、消去等の権利を有していることを確認し、情報主体からのこれらの要求に対して異議なく応じます。